カテゴリ:未分類( 2 )

 

集団ストーカー立正、創価学会、右翼団体との戦い6年目の今日 7月26日 2011年


完全に私をターゲットにした、彼らの媒体活動と、日本での仕事の妨害は、
これほどまでに長く、そして執拗にできあがっている組織だということだけ、
たくさんの人に死ってほしいと思い、生きているうちに、
それが、私の人生だったと、生きている友人たち、および、
この集団ストークでの人生破壊、仕事破壊、恋愛つぶし、時間のロスを故意に
ターゲットに行い続け、集団ストーカーネットワークで、
ことごとく、ターゲットの人生を長期間に渡って破壊していく、
まさに、「くさった、天災など非にならない、強欲で異常な精神での社会人たち、若者、そして、メディア、創価学会の有名人、右翼の漫画家連中」だと、把握しておいてほしいと思う。

そして、いったんターゲットを決めると、私の実の兄夫婦さえも仲間にし、
友人〔今現在は、もう友人ではないため、あえて、元友人たち〔吉田の立正、従兄弟〔母方〕 
兄夫婦とその子供〔くそがき2匹〔おのよー子と三島ゆきお、朝日がらみの左翼である〕〕〕〕
[PR]

  by now_on_day_060827 | 2011-07-26 02:13

集団ストーカ的行為から学んだこと


私は、板橋から本格的に始まった、集団ストーカーの長年の戦いで、
将来的には、一切子供を持たないと誓っている。

もちろん、それからというもの去勢された犬みたいにして、まったく恋愛などかまっていられない、毎日を送っていたことも関係している。集団的パラサイト、ストーカーと嫌がらせの戦いの毎日で、
確かに、世界でもっとも尊敬のできない宗教であり、そして、日本の神道関係者にも同じことが言えるだろう。

さんざん日本の歴史を使って、私に「6.34」と武蔵と押し付けてくる、日本の右翼系列の嫌がらせにも会い続けて長い。自由のない日本に、いつまでも、尽くすつもりはない。
最低な国日本だと、今も思う。こんな国に産まれてしまった、不運は、
二度と生まれたくないという気持ちを持たせて長い。



創価学会やクリスチャンの執拗なまでの、日本で、海外での嫌がらせも関連している。
仏教徒の私たち一家を尊敬できず、ことごとく、彼らのおもちゃとして扱うその集団に対して、
心底、尊敬できない気持でいっぱいだからだ。


もちろん人の親でもなんでもないため、面倒をみる義理はない。
子供が嫌いな私には、到底彼らを可愛いとも思えないのだ。
その数年で、大嫌いになったといってもいいのかもしれないが。
が、集団ストーカーをしている彼らにとっては、喜ばしい話しではないかと考えられる。



35年以上もそうやって、カソリックの男女に遊ばれ、創価学会や、日本の左翼右翼のメディア関連の権力者に狙われ続けて、まるでおもちゃのように社会的虐待を受け続けて思うことだ。
宗教的な犠牲というべきか、生贄というべきか、そういった扱いをここ日本で受けて長いためか、
彼らのような、それこそ人を人ととも思えない日本の社会、そしてそれに繋がる、ネットワーク関係者の媒体といい慰みものにされているとわかってしまった以上、彼らといる必要はいっさいないと思って長い。



私と同じように、彼らの執拗ないやがらせによって、人生をもてあそばれ、
全てをお金にかえられ、おもしろおかしい、実験代として、扱われる可能性は、
集団ストークとメディアの媒体のターゲットになっていない人物より、きわめて高いからだ。


そうだな。私への同情は、ときおり、とても「むごい」そう示してくる人もいる。

もちろん、産まれてすぐに、おもちゃで媒体にされてさんざん、クリスチャンと創価学会、
そして、虎に遊ばれて、神道や仏教徒の嫌がらせに合い続ける。
確かに、罪のない幼児への彼らの狂った集団としての生贄にされて長いのかもしれない。
私の家が、それに関連していないため、クリスチャンや公正会、そしてイスラム教徒、
中国人や、韓国人は、むごい行いを簡単に当たり前のようにしてきたのかもしれない。


集団ストーカーネットワークは、
彼らのちやほやしたい人間、身内も含めて、彼らの遺伝子は確実にこの地球上に残り、
もちろんそんな彼らに、執拗な嫌がらせを行うことはない。


今日本の有力者が、こぞって青森のその地域を、まるでおもちゃか何かのように、
殺しながら、お金を稼いでいた真実が、一般人にもひろがって、彼らの悪さ、
彼らの残酷さが、普通の一般人にもわかってしまっている。
媒体や奴隷として完全に無差別に、その地域を殺し、媒体にし続けて、
彼らや、私たちの人生をもてあそび続けて、そうやって有名になり、お金を稼ぎ、
人殺しを心から楽しみ、彼らだけの遺伝子を確実に残す。

それが、普通の一般人の間にも広がって、一般人もいろんな意見を私に示してくる。
集団ストークをしていない、パラサイト商法をしていない彼らが、
私に賛同してくる。

それだけが少しの救いであって、彼らのお気に入りと彼らの宗教のために、
そして彼らの子供だけのために、人殺しも辞さない、醜悪な団体で組織。
それさえも、全く関わらない人物の間にも、広く知れ渡ってきた。

その彼らと、私が長らく戦い続けていることも、多くの人が知っているのが、
せめてもの救いだと、思う。

[PR]

  by now_on_day_060827 | 2011-01-25 06:56

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE