JEW10とイスラエル、それに迎合するアジア人の集団的殺しの手口、生贄の儀式 集団ストーカー

wiki で調べると こんな狂った「JEWユダヤ教(☆印)」

ユダヤ関連の いわゆる「ジュウ JEWISH」と呼ばれる、

これに加えて、十とも、住とも、銃とも、重、ともⅩとも、数字でいう10番目(TEN)、10時、10月(OCT)
干支で言えば、戌年(10番目)表現される。

時計で言えば、ちょうど、数字の2が10分に値し、6分の1(1/6)、
午後22時であれば、50分、つまり、6分の5(5/6)がそれに相当してくる。

彼らはこぞって、姑息な手段で、こういった人間を、優先し、その女、その男たちの願いと望み、
嫉妬、ねたみ、そのたのものすべてを聞き分け、それにそって、
ライバルとなる人間の足をひっぱり、陥れることによって、
自分たち一派の人間、そして、自分を優遇してくれる人間たちのために行動する帰来がある。





イスラエル(通貨はSK、アメリカ(USA うさぎ)に迎合するユダヤ人)の民族の慣習と価値観が書いてある。
私が 彼らカルトによって、長らくの被害と理不尽な目を強いられる人生ごと、
創価学会、そして、それにかかわる立証佼成会、

たとえば、天皇国粋右翼の宮家に嫁いだ、
「正田(正しい)美智子さま」など、それらのアイデンティティを持つ人間にことのほかチャンスをあげ、ちやほやと楽な人生を味あわせ、それにかかわる人間を優先させることで特別に扱い、
(彼らお姫様、王子様たちの僕(しもべ)的に暮らし手いる場合に限っては)

10月生まれ優先の馬鹿族、そして10日生まれを楽させ長生きさせ、
彼ら「JEW そして えせ日本人JEWや えせ在日、えせJEW優先の」10時と十字架優先で、そして、午後22時を最優先させる形の
動き、そして仕事の妨害、そして、わけもわからない、関係のないことでの、
責任と罪のなすりつけによって、長年の異教徒と異宗教の日本人、
(日本人つまりJAPと JEWは 特別意識が強い 同じ祖として扱いちやほやと 優先する傾向がある世界)






犠牲(生贄)のヤギ [編集]ヤギは古くから犠牲にささげる獣(生贄)として使われることが多い。古代のユダヤ教では年に1度、2匹の牡ヤギを選び、くじを引いて1匹を生贄とし、もう1匹を「アザゼルのヤギ」(贖罪山羊)と呼んで荒野に放った(旧約聖書レビ記16章)。贖罪山羊は礼拝者の全ての罪を背負わされ、生きたまま捨てられる点で生け贄と異なる。特定の人間に問題の責任を負わせ犠牲とすることをスケープゴート(scapegoat 生け贄のヤギ)と言うのは、これにちなんだ表現である。
[PR]

  by now_on_day_060827 | 2011-08-06 02:38 | tsubuyakido

<< 東京、ぼうネットカフェでの更新... 【わたしじゃない】 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE