創価学会系列の 媒体パラサイト商法企業と つきまといに関して

数十年にわたって、パラサイト商法を行い続け、

在日朝鮮人を優遇しながら、それにかかわる彼らのお気に入りのために、

私をはじめ、媒体として扱い続けた。


私の身内の中でも、一人だけ、丁重に扱い続け、
それに反するようであれば、そいつを第一優先して考え、
周りの人間をカモにし、仕事、日常生活自体をつぶしまくる。


本来行くべき国と目的、恋愛対象でさえも 考える余地も与えない、
この集団ストーカーたち。

今も かわらず タイ人がすきである。
仕事のパートナーそして、将来的に結婚する相手として、
あちらの国でと考えて長い間も、
彼らのそのつきまとい執拗さ、そして、強制、そういったものは、やめることがなく、
新しく出会った相手でさえも、すぐに、仄めかし攻撃をしてくる始末。

これは本当にたちが悪いと解決とそれだけを 考え日本で過ごし、生活し、生きて。
もう 6年になるが、相変わらず、
ふと よぎるのはタイ人、残りはすべて集団ストーカー解決である。


これが私の人生であり、これが私の生きて生まれた意味なのか?と時々は思うが、
それでも それだけ長年の彼らとの戦いに生きている実感を感じる。

当たり前の人生ではなく、家族、家庭、恋愛、夢やスキルを磨くこと、そういったものは
まったくないと言っていい人生になってしまったが、
もちろん 飲み会やデートもしなければ、電話もしたいと思わない状態で。

それでも確実に、この集団ストーカーたちとの戦いの6年という年月が、
私の生まれた意味、そして、生きている目的になって、今という生活をしている。

ほとんどの街の中にあふれた、それの被害に合っていない人間用の、娯楽や、
教材、会社、人間関係は、私の目にはほとんど入らない。

えさになる人間用に、作られたものではないのだけは確かだからだ。


本はよまず、漫画は見ず、映画もみない、テレビも見ない、
雑誌も読まず、ほとんど、社会的には何もないようだが、毎日が忙しく。
解決しない問題が多すぎる上に、次から次へとやっては、面倒ごとを作っていく。

そのまま6年という長い年月を それだけを考えて日本で生きてきたために、
ほとんどの場合 集団ストーカーとの戦いが 私の中でこれからも確実に
生きる意味になるだろう。

そして 生まれた意味になっている、これからも変わらず 死ぬまで、それだけを考えて
いきていく日本での生活、そして、一部の外国での生活になるのだろうと推測する。


その苦しみの中でも、年をとるまで しっかりと
「植えつけられた 精神異常者として 19の精神異常者として 人生をこれからさきもまっとうすることが
 私に 化せられた 生まれた意味であるのだろうと」今は、

彼らを心底 憎みながら、毎日を過ごし続けて長い。



精神異常者でも 確かにセックスだけは できるのだろう???

そのために狙われ続けることに、未だ苦痛を感じるのだが。
これから、日本では、そういったことは 一切ないで過ごすのには、間違いないと確信している。
[PR]

  by now_on_day_060827 | 2011-08-05 18:33 | tsubuyakido

<< 私は 彼らすべてが 憎い 殺し... 集団ストーカの 人間へのやりか... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE