集団ストーカの 人間へのやりかたと 同じ手口だと思うが

MSNの今日の先ほどの記事 ロケットニュース24(フジびいきの企業)の記事だ。ちなみに、集団ストーカーと縁の深い 精神医学関係の人間もここに関係していると思われる。パラサイトを行い、見世物にした人間、つまり、
自分たちの行い自体が法律から逸脱してるような
>「人身売買、盗聴の肯定、盗撮の肯定、侵入による被害、独身女性の販売、パラサイト用の見世物、
カルトと宗教関連企業のいけにえ的パラサイト実験、ドラマ、グッズつくり、長年の大人数での一般人もまきこんだ、ターゲットを使っての集団的パワーハラスメント、そこまで行き着くのには、殺した相手をとことんまで何年も仕事日常の妨害を加えながら、ネタとアイディア、漫画のシナリオ、仕事関係のライバルの蹴落とし、
満足感のための精神的嫌がらせ虐待趣味のくそ的心理、日本人と在日、それにまつわる、汚い手段での金儲けが世の中にばれ、その仲間と共犯者を数多く世に輩出し、ターゲットをとことんまで弱らせ、
最終的には、自殺に追い込み、
遺族のここでは、「10と8らぶらぶ」らしい。ターゲットには、心当たりある仕事をつぶした軍だんの仲間は、10月と10日、8月と8日生まれを優先するために、散々、創価学会とUSA、
足10本のイカこと、SQUID(この記事の下記にある会社、医科学と足10本のイカ天だ。)」
そして、あの警視庁9月13日生まれと関連してる可能性も高い。(東京軽視丁 総監 TOP)




2011年8月5日 13:00 (ロケットニュース24)



ゴミを売ってまるもうけ! かなりもうかってるらしい
ニューヨークで路上のゴミをアートにしたモノが結構話題を呼んでいる。しかも結構な儲けになっているそうだ。ゴミアートは、路上のゴミを拾って透明の箱(キューブ)に詰めた作品であり、一般に販売もされている。

販売は、10年前に10ドル(約800円)で開始されたが、現在その価格は、5倍から10倍にも跳ね上っているそうだ。さらに作品は海を渡り、日本を含め海外でも広く取引されているという。

この作品を手がけているのはニューヨークのアーティスト、ジャスティン・ジグナック氏。 同氏はいつも「どんな製品でも洒落たデザインのパッケージに入れれば売れるのでは?」と、友人とともに思っていたという。

そしてふと、タイムズスクエアに散乱したゴミに目を留めたのだそうだ……。ゴミをアートにするというアイデアはあまりにも奇抜だったため、最初は賭けでしかなかった。しかし、それが今となっては、結構儲かるビジネスになってしまったそうだ。

ちなみに、同アートのなかでもっとも高値がついているのは、「オバマ大統領の就任式典時に国会議事堂周辺に落ちていたゴミ」、と「NYヤンキースが優勝したときのパレード時のゴミ(紙吹雪いり)」の2点だそうだ。

放り出された文化の一コマをタイムカプセルのごとく箱に詰めて所有することに、どうやら価値が見出いだされたらしい。font>同氏がどのようにしてアートを制作しているか(拾っているか)は、明確ではないが、 少なくとも作品は無臭、ゴミは厳選された上でキューブに収められているそうだ。このアートの次のステップとしては、すべてのニューヨーク市民にキューブを送り、それぞれのゴミを詰めてもらうことだろうか? いや、ニューヨークのみと言わずぜひ、日本にも展開してもらいたいところだ。仮に、自分の部屋を掃除して出たゴミを、世界の何人かが買ってくれたら、それだけで家賃が払えるようになるかもしれない!

参照元:BROKELYN、Laughing Squid (英文)


彼ら「きちんと犯罪カルト企業集団と呼ぼう」のやりかたは、

人間そのものの名前をいっさい直接用いず、
その集団ストーカーターゲットを モノ扱い、もしくは、ペット扱いとして描き、それをもとに、
番組制作、記事のネタ、グッズつくり、といったことを繰り返す傾向にある。


本人とターゲットを確実に、執拗に狙いつけ、
それにあわせて、盗聴盗撮、もしくは実際に物理的に近づくことで情報を集め、
パラサイト用に、24時間もしくは、徹底的にメールを管理し、それをさまざまな人間に販売、
人身売買を行い、
ペットとして買う、もしくは、本人の知らない間に、バイクや中古車として女性や男性を扱い、
(実際に 名前を直接のべて会話、取引を行うことは皆無、なぜならば、すべて違法で犯罪を犯してやっているのだから、直接、知っているとはいえないのである、ばれたらば、懲役2年の刑務所行き、新聞関係者は確実に訴えられる、それに共犯した場合も同等の重い罰が下るはず。創価学会業者は時々完全に逮捕されている。そして、警察内国でもそれを容認して 共謀してる人間も多いのも事実、)


彼らのいう「ゴミ」とは、「くさいものにはふたをする、そしてレイプして文句をいう女を落としいれ、さらには、見世物にして売り買いしている現実そのもの、盗聴盗撮、人身売買、人生まるごと「透明なタイムカプセル状のキューブに詰め込み」何年も何年もの仕事と日常の妨害を行ってでも、お金つくりのネタのために、その大勢の見知らぬ人間に、そのターゲットの人間を売り買いしていましたよ」という、

集団ストーカー特有の「ガスライティング、仄めかし方法」である。


ちなみに 私の場合、それ以前にもほとんど繋いでいない状態の被害である。
6年ほど 実家や住まいで インターネット自体を接続しないで
パソコンを使っていた。
6年前使ったのはメールを送る動作でもなんでもなく、数ヶ月ほどの、閲覧、
そして一部のポエムの投稿のみである。
その後、集団ストーカーの被害に気づき、盗聴、盗撮、などの被害を確認、
仕事の合間、そして少しの30分程度の留守中に、すでに部屋の中のものがおかしい現象がつづく。
確実に、その建物内に、その仲間がいたのは間違いないと思われる。

そして、外部にその仲間がいた痕跡も、多数覚えている。

その後は、本格的、集団ストーカーとの外でも部屋でも家であろうと、車の中であろうとも、
そして、泊まった先のホテル内であったとしても、飲食店から、どこに行こうとも
その集団ストーカーたちに囲まれ、デマカセと、日常生活妨害、そして恋愛妨害、
外国にいる日本人の友人(同じ仕事と職種)との連絡までも邪魔される長年を過ごすことになる。

7回引越しを行い、6回ほど、携帯電話を変えたが、
やはり、あっという間に囲まれ、ついては24時間、囲み、見世物にしていた6年がうかがえる。
(ブログをはじめたのは5年ぶりの出来事だというのに、その間の被害は ひどいものである。)

そのほかに、漫画、映画、詩の歌詞、芸能人の都合、人間関係の押し付け、
彼らの優先したい、男女への強制的奉仕、そのたもろもろが突然 一気にやってきたのが、
この集団ストーカーのメディアと企業の 人殺し集団といえるだろう。

今現在も 「創価学会  と  立正佼成関連」
「あらゆる宗教関係者から 莫大な被害と監視をされつづけている。」

監視だけではく、継続的に、販売され続けている。

それが、この記事にあてはまる内容である。

ターゲットと被害者としての苦しみはそれはそれは果てしなく。
毎日、死のうかと思うくらいの苦しさの6年ではあるが、なんとか耐えながら、
彼ら犯罪集団と絶えず戦い続け、
その後のことは、あまり考えないことにした。「たとえ ゴミ扱いとして 売られ続けた5年6年、そして現在であったとしても」

毎日 死にたいと思いながら(集団ストーカーと 自由のない生活と監視盗聴、盗撮、つきまといが6年)

ただし、死ぬときは、いっさいの財産をのこさず、臓器も荒れ放題にし、売られないようにきをつけ、
すべての健康を害してでも、そして、保険詐欺、そして、強制的結婚での保険金詐欺など
一切 お金を残さない形で、と思って長い。

彼らは、犠牲にする人間を使い、無理やり「統合失調症に仕立て上げ、なおかつ妄想として社会的抹殺を金儲けのあとに行う」「その後も執拗に取り囲み、それは妄想ではないと戦う被害者と、彼ら事態の悪事を訴え続ける人間に対して、とことんまでの被害拡大を行い続ける傾向がある。」

それで稼いだサイトでの儲け、漫画、映画、歌、ドラマ、番組制作のアイディア、そして、グッズ、
見世物にした調査し陥れするための汚い潰しの仕事自体でお金と生計をたて、それを永遠と繰り返し、
また回復すれば、同じように、集団ストーカーの実行部隊を派遣して取り囲む、という陣地作戦を、
主婦、そして、サラリーマン、警察、政治家、番組関係者、医者業界、金融銀行関係者、
いや、どこにでも巣食った形でのターゲットへの執拗な悪事を 働き続ける。



ターゲットに関しては、それこそ強制的 透明なうちに棲み、24時間自由がない状態で、
次々と 日本国内でターゲットの名簿を管理し、それにあわせて、
どこに行こうとも、確実に、ターゲットを「生贄、観察対象、ネタと金儲けの道具としての日常生活すべてを次々と人を派遣することで、対象にしつような ガスライティングを行い、精神的ストレスと与え続ける」

その間、それをもとに、お金儲けのためのアイディア、グッズつくり、そして、人生破滅のための
シナリオを歩ませるための、精神的苦痛、物理的苦痛、そして、人身売買、強制的、その相手への売買が
行われ続けることになる。



ちなみに私の 今の会いたい相手は、タイ人のビジネスマンである。2年半前から変わらずそうだ。
それ以前は、オーストラリア人である。恋愛せずに、あばずれになることなく、ずっと守り続けている日本である。犯罪に巻き込まれてしまって長いこともあっての、それこそ、犯罪集団によって買われてしまったがために、恋愛は一切なく、体や性的関係をもたずに、その犯罪集団と戦い続けている状態の6年である。
(決して 誰かのためではない、自分と 今はそのタイ人の彼のためだ。)

集団ストーカーの要素として、ばかは狙わない傾向がある。
頭的に使えない相手、そして、見た目にも使えない相手、そして すぐ股を広げるいわゆる軽い女たち。
すぐに不倫をし、すぐに二股サンまたで 男に抱かれるような、馬鹿な主婦や若者。

その対象は 狙わないことが多い。そして強要のない在日朝鮮人や、日本人、それか外国の韓国人
売春婦、ロシア人などは、簡単にそれらの仕事と男を利用し、股を広げやすいのだで、
ターゲットにされないことが多い、そして教養と学歴、知識力、つまり 見た目だけの馬鹿女、
たちは その集団ストーカーには 確実にスルー。

一緒になって、集団ストーカをやっているパターンが確実に多い。
が、日本と在日、世界に愛される女性や男性は このパターンがおおく。
下である軽いやつには、勝ち目がないため、つぶしもしていかない。


本人たちが、この女は仕えない、この男は使えない、とくなし、得るところなし、能力なし、
才能なし、と認めているが故のことだろうと考えられる。



今17時58分現在、
部屋番号、6番にも集団ストーカーなる仲間がいるようだ。そして、20番にも。
どれだけ多くの人間にその期間中、晒すか、というところで、金儲けのメディアだましい、
人身売買関連業者のつながりという 汚さを改めて思う。

こういった形で 次々と相手を変えて、ターゲット自体に特定の犯罪集団を わからないようにするのも、
彼ら集団ストーカー、パラサイト商法の手段である。
それ相当の、人間の数と、それ相当の並々ならぬ人間どうしの人身売買になっており、
「多くの人間で 一人の人間は倒せる ぼくら弱虫だから、と付け加えよう 」というかたちでの 
確実なる、方法論だ。
「犠牲にして遊ぶのなら、やはり一人から吸い取り続けるほうが、映画も作れる、音楽も造れる」
というのが、彼ら、在日朝鮮人出の芸能界とそれに関連する、平和は訴えるが、人権は確実に無視し続ける右翼左翼的、業界人間たちの外国も通じた、商売方法だろう。

鬼というよりは、悪魔が男女家族をきずき、スーツを着ている状態というべきだろうか。

レイプされるのはいやだからと相手にしたくないの一心で拒否し、その拒否への腹いせに、
見せしめにして、殺害した、その男たちの家族(妻とくそ子供こぶつき)とでも言うべきか。

とにかくも、彼らは 確実に狂っている集団だと、私は考える。


そのうち、大地震で ころっと死ぬだろう。
生きたまま 私のように苦しむよりは、まだましなくらい楽な死に方を当たり前にする 幸運なくそ連中とでもいうべきか。

ともかく、彼らが死ぬのが楽しみである。







今も気持ちはタイである。
[PR]

  by now_on_day_060827 | 2011-08-05 16:43 | tsubuyakido

<< 創価学会系列の 媒体パラサイト... 【裏の裏】 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE