和関係、富士吉田神道、それに基づくあらゆる企業と個人によるさいさんとサイコカルト的虐待に関して

が、彼らサイコな集団や組織の人間には、その偏ったその考えにより、麻痺状態で、
自分自身が、一部の人間に執拗にそれを行うことに関して、本人たち事態が、
もう既に、「私は異常である集団の一部だ」と、判断できない状態に陥っているのではないかと
考えられる。もしくは、その行為そのものを、仕事としお金をもらい、
もしくは、もう既に楽しくてしょうがない異常性の人間、愉快犯的な心理での行動となってしまっているのではないかと考えられる。
もちろん、それをゲームとして日常生活に押し付けては楽しむ心理状態こそ、
異常のほかに何を言えるだろう?
実験だけではなく、ゲームとしての意味で彼らなりに楽しんでいるとしたらば、
それが、ライバルである相手を陥れて、仕事や私生活事態を乱す一貫としての一部だとしたらば、
その心理とは、まともで正常な考え方では、彼らの心理を把握することはかなり困難だ。

私も長年、彼らの行動そのもの、それを理解できないでいる。
そして、それをやる意味は何かと考えたとき、その一見まともに見える立派な社会人が、
すべて、ただの狂った集団と業界、組織、企業にしか見えないのである。
それを、世の中では、カルト組織として扱うとしたならば、
それがカルト指定されていない団体と集団だとしても、
確実に彼らのような集団を、カルトとして認定してもかまわないのではないかと判断する。
間違いないだろう。確信して長いのだから。

そこが、宗教、そして金に眼がくらむ人間、もしくは、勝負に固執し、
何もかもを神の仕業として見せたいカルトの人間が考え実行しそうな物事だ。
物理的に観察し、あらゆるサインと監視盗聴によって得た情報で、「あなたのすべてを観察していますよ」と数年にわたって「仄めかし」とあらゆる「サイン」を送るだけの人間に、
まともな精神の人間はいるのだろうかと、思う。
もう既に狂ってしまっている部類の人間に入るのでは?

彼らサイコのカルト宗教集団は、もちろんあらゆる業界に身をひそめているのだが、
私たちの人生や体ごとをおもちゃのように扱うだけではなく、
そういった方法で執拗に狙ったターゲットへ、
雑誌やコミックのアイディアの実験的対象の媒体人間として、強制的犠牲を強いて、
こちらを執拗に何年もつけまわしては監視し、それにともなった、漫画や小説を書き続け、ドラマのシナリオを描き、映画をつくる、そしてアニメータークリエーター、そのた、お笑芸人のネタとしての観察監視対象として、人生、もしくは全てのアイデンティごと、
馬鹿にするだけではなく、メディアを使った「ほのめかし」で、本人が知らないうちに、からかっては、蔑み、被害を続けざまに齎し続けていたことが、この数年の集団ストーカーとメディアによる
「仄めかし」で本格的にわかってきた。

[PR]

  by now_on_day_060827 | 2011-03-29 08:11 | tsubuyakido

<< 盗聴に気がついた板橋大山からは... 集団ストーカーとメディアの媒体... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE