国際女性デー(3月8日)にちなんでの国際的犯罪に関して

日本でも国際的に活躍する女性のための祝日ということで大事にされている、
3月8日 国際女性デーに関して、私はそこからとてつもない被害を間接的に、
受け続けることになる。
それに関して記述しておきたい。
犯罪にあったのは、確かに彼らが直接動いたわけではないのかもしれない。
が、私はそその後、人生のほとんどの全てを失うほど、長期的な被害に合い続けることになる。

それは、あのミスターチルドレンの一つの歌詞から始まった、集団ストーカー的な知らない人間からの執拗ないやがらせだった。

ミスターチルドレンのこのボーカル桜井和寿は、3月8日生まれらしい。それが、どういった形で、カルト系のキリスト教徒や、ロシア正教、日本にあるカルト宗教、もしくは、極悪非道の神道関係者、仏教徒関係者、カルト系宮(38)崇拝、天皇崇拝者神仏に繋がったのはわからないが、彼らからの執拗なまでの嫌がらせは、歯止めがきかない状態であった。私の出身である青森には、津軽と南部という地域があるが、私は津軽の出身。
そして、南部には三八上北地方という地域がある。この38との関連で、私は、
執拗なまでに被害にあうことになる。
そして、この「和」という字と、3月8日というこの有名人の誕生日が、私には多くの被害をもたらすことになる。


引用は法律で禁止されているだとか。
だが、言わずにはいられないほど、私は彼らの歌詞で恐ろしいほどの被害を受けることになる。
そして、その歌の歌詞によって、多くの命を失った人たちにも直接出会って話を聞いた。そして、私の身近な友人たちにも、この歌によっての被害に合い、大切な人を失い、人生を全てをぶち壊された人を多数知っている。これが、言わないで、記述しないでいいことはない。
彼ら、ミスターチルドレンの歌詞や、彼らのアイデンティティを利用しての私たちへの嫌がらせは、
それほど果てしなく続き、今もなお、おさまらずに、何を信じているのかわからない狂った集団(そう見える)彼らに襲われ続けることにもなった。


今、現在も、パラサイト商法、そして歌や本、小説を使った私への宗教的ないやがらせや、仄めかしが続く中、私も心して書いている。24時間監視干渉を繰り返しては、精神的、物理的重圧を強いてくる彼ら集団と戦い続けて長い。が、記述しておかないことには、こういった犯罪での、人体実験や、カルトによる嫌がらせの事実もいっさいおさまらないのだと信じて、記録しておきたいと思う。

「嫌なこと51」のこの歌詞の部分は、まさしく私の誕生日と一致し、私はそれにより、
見知らぬその集団ストーカーの完全な餌食になってしまう。

私は1976年3月4日産まれ、昭和51年生まれだ。まさしくこの「嫌なこと51」に、当てはまり、わけのわからない被害をたびたび、受け続けることになる。

彼らの執拗ないやがらせは、車の中、そしてインターネットをやめた状態のパソコンさえも侵し続け、部屋の中まで侵入しては、嫌がらせを行い続け、少しの外出の最中にでも、あっという間に部屋の中に入られて、部屋の中のものをあらされて物色される始末。そして、電話番号を変えてもなお、
彼らの嫌がらせは収まらず、あちらこちらで、恐ろしいくらいの人数から仄めかしをされるはめとなった。

1、たとえば「ワタミ 和民」の従業員から、わざとらしい被害に合い続けることになる。
2、全く見知らぬ相手が、「49」と示してくる、もちろん嫌なことの場合は全て「51」と合図してくる。
3、私自身が51年生まれのため、部屋の中から、携帯、その他もろもろまで全て覗かれ、奪われてしまう
4、落ち着く先が見つかっても、その場所への来客やホテルの従業員、その他店の人間に嫌がらせや、侵入され放題の環境になる
5、わざと嫌がらせ的なミスや不備を起こし続け、私にたいしての手間暇とストレスを与え続ける
6、その際に住んでいる場所から、追い出すためのあらゆる嫌がらせを受け続ける
7、仕事環境自体をつぶされ、メディアやラジオを使っての著名人、テレビ局全体での仄めかし、からかい、精神的仄めかしと嫌がらせを受け続ける
8、雑誌や、週刊誌、その他、私個人のアイデンティティにちなんだ人間や地名の、間接的なイメージ落とし作戦をしてくる
9 企業側の人間、国関連の人間からの不必要な嫌がらせ、郵便物が届かない、捨てられているなど、または、人身売買的な知らない人物への見せしめやからかいが始まる




私自身、彼らには死んでほしいくらいに、恨みでいっぱいである。彼ら自体のその大勢の人間を使い、メディアを使って人を動かし、それに当てはまる人間を、
無差別に被害にあわせ、それがまさに、私の身近で起こりえる、女優「よしゆきかずこ」さん(9月8日聖母マリアの誕生日)のと関係して、さまざまな嫌がらせを私にもたらした。

たまたま、私の身内の兄嫁の母親(青森県の南部出身)が、この「よしゆきかずこ」と同じ「和子」ということもあったせいか、そして、その娘である彼女本人が、8日生まれであったせいか、
そして、身近な田舎の人間に「和」とつく人物が大勢いたせいか、私は、彼らを取り囲む人間たちから、多大なる被害と嫌がらせを受け続けた。

女性国際デーが絡んでいることもあってか、そこに世界ではびこる、クリスチャンの人間や、ロシア正教、公正会、山岳信仰や、稲荷大明神(犬をまつっている)、また天を崇拝する宗教関係者の、格好の餌食になってしまったとうわけであろう。
彼は、まさに、戌年生まれだ。
まるで、彼らの歌の歌詞が、邪教崇拝の神の仕業化のように私たちに影響し続け、それは、
生活自体を、環境自体を破滅させていくくらいの、私は多くの被害をこうむった。

その後、日本を何とか出ようと、東南アジアに出かけたが、なぜか、外国で出会う多くの人間が、
私を知っている始末。そして、初対面の見知らぬ彼らが、私の日本での地獄のような話を聞くたびに、「50」と示してくる。そして、嫌なことには「51」と示してくる始末だ。ここまで、彼らの歌が外国人にも浸透していることにも驚いたが、それに加えて、「いいこと49」「嫌なこと51」は、東南アジアや私の行く先々でもつきまとい、そのたびに私は気分を害するはめになった。

そして、1951年生まれで無くなった家族、1976年生まれで被害に合い、仕事をつぶされてしまった東南アジアの人、1976年生まれで自殺してしまった女性、1976年生まれで、家族が自殺してしまった友人、51歳でなくなった父親、51歳で不慮の事故により身体障害者になってしまった人物、そういった私と同じように、この憎きミスターチルドレンというバンドによって理不尽すぎる被害に合いまくった多数の人間に出会うことができた。

ほかにも、あの有名な「イワンの馬鹿」で被害にあっている多くの「イワン」という西洋人が、東南アジアを旅してたむろっていたり、黒猫がアメリカで殺されていたりするところをみれば、
カルト的な宗教のクリスチャンたちが、日本でも世界中でも悪さをし、まちがないなく芸能人の歌を使って、そういったターゲットの生活を壊し続けているのには間違いないのだろうと思える。

馬鹿な犬や人をくらって生きる狼は、どこにでもいる。そして、人に噛みつき化け猫になるばかな虎も。

聖母マリアとキリストを狂った頭で信仰してやまないカルト集団においても、
自分の利益とお金のためならば、ほかの人間の生活を奪ってもかまわないKKKや黒人の団体や、ロシア正教、公正会など、カルトも多数存在する世の中だ。そして、日本の狂った国粋右(YOU)翼団体やテロや殺人も起こしかねない翼派団体もいる世の中だ。まるで、ジャニーズの社長のように、YOU,YOU,といつも唱えてはうるさいくらいに周りに被害を与え続けるカルト系の人間たちだ。

そういったことが、実際に起こっても不思議ではないだろう。

今ここで記述している段階でも、戸(と)が反応してくる。
実際に、基本的人権を無視し続け、媒体として人生をもてあそび、さまざまな嫌がらせを行ってくる、それが世間にばれてしまっているからがゆえの、まだまだ監視で嫌がらせ、そして、犯罪宗教団体には間違いないだろう。


確かに、外国でも日本と同じように、集団ストークに悩むものや、メディア、パラサイト商法の被害者や、狂った宗教患者たちの執拗なつきまといを受けて、被害を被っている人間も多数存在した。
彼らは決まって、誰かのために犠牲となり餌となり、コミックや映画、歌の歌詞を使って、遊ばれ続けている。著名人と名前が同じばかりに狙われてしまったり、私と同じように、アイデンティティを媒体化されることで多数の成金と、関連している逆パターンの被害者もいた。


わがもの顔で自分の幸運を誇りつつ、その裏には犠牲のもとに勝ち得た汚いメッキだらけの顔を
隠し持ち続ける、いわゆる社会的成功者たちというべきか。なんとも不気味な光景でもあったが。


不幸な人生を送っている人たちはたくさんいた。もちろん、加害者側の人間も多数、東南アジアを旅しては、被害者に対して必要な「ガスライティング」とサインを繰り返す環境ではあった。
[PR]

  by now_on_day_060827 | 2011-01-29 18:34 | tsubuyakido

<< 集団ストーカーとメディアの媒体... 宗教的犯罪行為と強制的趣味趣向... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE