集団パラサイト商法との戦いの数年に関して


もう一度さかのぼって鮮明に記録しておく必要があるのだと思う。

あれは板橋で暮していたころの話。
突然の見知らぬ人たちによる嫌がらせが始り、毎度、部屋の中の異変にきづく。
集団的インターネットストーカーの発生だと感じ、危険を回避するためにネットをやめることを決意した。

それ以前にも、中野にて暮していたさい、不審なネットストークと不審な犯罪があいついで発生することになる。

板橋の大山で暮した歳月、そのころ不審な事件が周りではやった。
そして、いつも何かしらの異変にきづく毎日だった。

誰かが盗聴しているようなきがする。そう気がついて、プロの藤井という男性に、
盗聴探索の依頼をするが、盗聴器は一切でてこない。

そのアパートには、キリスト系の住人と、中国系の女性が住んでいたが、
中国の女性も盗聴されていると騒ぎ出した。
そしてついてに包丁をもちだしたという。まさに狂う寸前だったのだろう。

私のほうも、少し家をあけると、もうすでに侵入された気配があり、
毎度誰かしらが、私の家に侵入しているような雰囲気だった。
もうすでに、集団ストーカーというものに、私は狙われていたようだ。

彼らは、法を簡単に犯し、携帯のプライベートなメールまでも、
勝手に読んでは、ほのめかしを行い始めた。

それは、まさにテレビで活躍しているような芸能人たちで、
また 優良企業と呼ばれる会社の人間の 職権乱用だった。

すぐさま気がついた状態で、警察へ行く毎日が始まる。
少しでも部屋を空けると、すぐに部屋の中に侵入されるような日々が続き、
私のまわりに[ガスライティング]する人物が、大勢現れるようになる。

いわゆる、集団ストーカー被害者、パラサイト商法被害者がほぼ口をそろえて訴える、
組織的な、嫌がらせとメディアをつかってのパワーハラスメントと盗聴の始まりだった。

その面々はそれはそれは有名で著名な人ばかりで、
テレビの画面から、あらゆる嫌がらせてき発言を、まるで私に向けていっているかのように
発言してくる。

その後、物理的攻撃を受け続け、実家の兄夫婦が引っ越したのを境にますますひどくなり、
また従兄弟が東京にでてきたのを境に、彼らの攻撃はますます悪化した。

完全に、仕事の邪魔を行い、集団ストーカーのターゲットにされた瞬間だったかと思う。

が、さかのぼってみると、それが始りではなかったようだ。

私は、創価学会、またはカソリック教徒、神道関係(富士三景吉田)、日本の仏教、
そして、親戚の家が熱心に拝む白い虎たちの被害によって、
以前から完全に命を狙われ、つぶされ続けていたことにきがついた。


私の人生の中で、
富士(藤)、三景(3K)、吉田、雪という名前の人間が近くにいるだけで、
被害に合う人生だと気がついたのだ。
よしこ、よし、ようこ、ゆうこ、ゆう、ゆうき、ゆき、
12月生まれ、10月生まれ、8月うまれの彼らがいるだけで、
毎度のように、被害に合い、命を狙われ、仕事をつぶされる。
いつもこの女性が私の前に複数現れる。
そして彼女たちがいる場合、必ずといって、被害にあい、
トラブルに見舞われ、トラブルの中同じ作業を繰り返すはめになる。
そう、彼らにハンディをあげなければならなくなるのだった。

そして、彼女たちをかわいがる人間が必ずといっていいほど、
彼らを優遇するために、近くにいる私をつぶしては楽しんでいる。

一度や二度の被害ではない、数十回にわたる被害だ。

補足だが。
あの クリスチャンの松田聖子は、かまち のりこ という。

私の実家の隣には、吉田 のりこ、ゆきこ、ひろし、そして、ゆきお、ようこ、
という吉田関係者が住んでいる。
彼らは [こうせいかい]の吉田家であり、典子、ゆき子、はそこのうちの娘である。

あの松田聖子、本名 かまち典子もまた、厚生大臣の親を持つ。
顔をだす以前に、ゆきこという女優に代役を頼み、デビューをしている。
そして、名前を「聖子」と名乗って。

私は、松田聖子がデビューする前に生まれているので、彼女から
名前をとったわけではないが、
そのころ、一度殺されそうになっている。しにかけた頃がある。
ちょうど彼女がデビューしたころだ。

ギリシャ神話では、女神が、一般の女の子の名前をとり、くいあさった後、
殺してしまうと恐ろしい伝説がある。
まさしく、カソリッククリスチャンのなせる技ではないだろうか?
そしてその後、勝手に、その女の子をいけにえとして、彼らの神にささげ続けるという。

私の母は、その後、病気になり、厚生病院というところに長期で入院するはめになった。
隣人の厚生会の吉田、のりこやゆきことは違うというのにも関わらず、
私は、まるで あの松田聖子の親の厚生大臣に会いに行かねばならないように、
厚生病院に入院するはめになった、母に見舞うことになる。

今は、それもこれも、クリスチャンが、まったく関係のない仏教徒の私の家に目をつけ、
公正会(厚生大臣)の吉田から、勝手に家に入り、池田からでた吉田美和などの芸能人とともに、
一般家庭をことごとく利用し、パラサイトする形で、デビューを果たして、
多くの被害を、メディアの力ととともに、何度となくもたらしていたこととなる。

パラサイトをし、人を媒体として、有名人を探し出し、
そのたびごとに、被害者の人生を生涯ずっと遊び続けてきた、
ドラマ関係者、アニメータ、映画関係者、有名人、著名人の関係もその時にわかった。


私は、松田聖子の真似をしたことは一つもないのだが、
フジ系列のテレビ局は、ものまね決定戦にて、ものまねタレントを探し出す。
3月4日は私の誕生日だが、3月4日生まれの「まねだ聖子」を作り出し、
まるで、間接的に、私が、あの かまちのりこのものまねをしているかのように、
さんざん テレビで笑い物にしていた。
そして、その結婚した相手は、私の幼馴染と同じ誕生日である。

また、私の兄と同じ誕生日のコージー富田、清水、そのほか、私と兄と吉田という友人の
誕生日をつかって、つぎつぎとものまねの人間を集めては、ばかにして楽しんでいた。

いとこには、まさき、というやつがいる。
彼女は、神田まさきとその後結婚し、が、それ以前にまさきは、私の従兄弟として産まれている。

何度もいうが、クリスチャンの かまち のりこは、こうせい会の吉田から、我が家にはいり、
名前を、奪い、全く関係のない我が家の従兄弟や、親戚の関係まで、次々とネタにし、
デビューさせ、その間、ただいなる被害を与え続けていた。

左派系の話をもしたいと思う。
あつ子 という従兄弟が 私にはいる。
あの 浅野 温子は、私と同じ誕生日だ。

メディアや映画会社、ドラマ製作者、漫画家、クリエータ関係、歌手、製品への
生贄にするべき人間は、勝手に選ばれているらしい。

しかも、創価学会ではなく、クリスチャンではなく、純粋の日本人をことごとく狙い、
神道での山の神は、その富士三景吉田のほうをかわいがる。
そのために、名前をとられ、一家全てが媒体にされ、
そのたびに、長い人生を、かれら悪魔のようなメディア関係者たちに、
さんざんもてあそばれていくことになる。

吉田のほうからデビューしたのであれば、芸能人と連動は、
彼ら 吉田にやらせればいいではないか、とも思う。

が、肝心の近所の吉田には、ステージにたつものがいなかった。
私は 日本舞踊を長年やっていたために、幼いころは日本舞踊でステージにたつ。
名前を奪い、人生をもてあそぶ彼らは、次々、私たちの人間関係から、
芸能人を生み出していたようだ。
そして、その彼らと離れることも困難なほど、私たちに、関係性を強制していたことに
きがついた。
[PR]

  by now_on_day_060827 | 2011-01-23 03:32 | tsubuyakido

<< 集団ストーカー、盗聴、監視、パ... 集団ストーカーの被害者として 友人へ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE