集団ストーカー被害者の一人として 夢よりも恋愛よりも何よりも大切なもの

普通に生活していけば、
あーだったのか、こうだったのか、などと考えるけど。


私は、そう、今ネットで話題の「集団ストーカー」と
あらゆる「パラサイト商法」のターゲットにされてしまった、被害者です。

それは突然に始まったような。
けども、それは私が気がついていなかっただけであって、
長い間、狙われて、ずっと、遊ばれ続けた人生だったと気がついたんだ。

そこに関わる職業というのは、それこそ広い範囲で、
私も絶望を感じ、けども負けてはいられないと解決に全てをかけて走り回った。

頭の中には、
私の夢や、恋愛は? 普通の幸せは? 大切な時間は?
そんなことを思いながら、なるだけ、加害者とは関わらず、
そしてそれこそ第三者のその、当たり前の人生をうらやましいと思わないように。
自分で自分の感情をコントロールしながら。

昔は 志があった。
やりたいこと、得意なものを延ばすこと、それに費やす時間。


それは、その彼らに囲まれ続け、消耗していった。
けど、立ち上がり。その繰り返しの中に。

仕事とは、使命とは、幸せとは?それを模索しながらも。


けど、これから。
やっぱり、高い志を持って、
その「集団的ストーカー」「ほのめかし、ガスライティング」
そして、あらゆる業界のいかにも的な「パラサイト商法」その「有名人」と、
闘おうと 覚悟を決めた。


夢よりも、仕事よりも、好きな人よりも、家庭や友人との付き合いよりも。
そういった腐った犯罪を時間をかけて解決へと、導く。


それが、今 いくつか優先しなければいけないこと
の大きな問題の中のひとつそう 思う。


時々、弱音をはきながらも、怒り狂いながらも。
やっぱり そんな日本も世界も好きじゃない。
そんな世の中なんて 破滅へむかっちゃう。



実名をあげることの、あらゆるその後の妨害とは。
いやがらせとパワーハラスメントとは?
そしてそこにまつわる人たちの、被害者が述べる内容を隠すための行為とは?

集ストの記事は、ほとんどが的を得ている。
それは 彼らの嘘でも作り話でもなんでもない。
彼らが、精神的に疲れているのは確かだろうと思う。
が、そこに、きちがいでの妄想や想像は、8割9割ないだろう。

経験しているから言えること。
彼らのもともとの目的は、その集団によってさまざまだが、
一つだけ言えるのは、
確かに、その結果的に足を引っ張り続け、妨害し続ける行為によって、
加害者と加害者の仲間の生活や仕事が守られ、幸せと全てを手にし、
その引き換えに犠牲にした加害者で作られた富を、山分けしてほくそ笑む。
それにつきると思う。

そこに何らかの優越感とそして満足感をえて、
今の現状はまだマシだと、全体にそう思わせたい心理も絡んでの
被害者は 犠牲であろうとうかがえる。

そして、単に金利目的。おもしろがってネタになる人物を与えれば、
自分のふがいなさや、自分の問題へ、いっさい目を向けないで済む。


「仕方ない」「しょうがない」で済まされることではないが、
「何とかなる」「何とかする」と、毎日自分に言い聞かせ、
それらの加害者の活動は無視できるようにまでなってきた。
自分も成長しているのだと思う。

彼らの地位や肩書や人気、職業は、本当にさまざまだ。
尊敬されて、うぬぼれているものまでメディアでも、耳で目で確認できる時代だ。

が、よくみてほしい。
富や名声や、家族、容姿や人気では計れない、うすっぺらな人間性と人格も。
汚い笑顔に、表の顔ばかりをうかがって見ている普通の私たちには気がつかないことも、
被害者には よく見える。
ボランティア、福祉、人助け、医者などなど。
人のためといわれる部類にも、きたない笑顔と心は潜んでいる。

見えるようになるよ、と思う。それがいいかどうかはわからないが。

何かのスペシャリストは、技術は優れていても、それが必ずしも、
人間性と比例しない。
友人の多さも、そんなものと比例はしていない。
年代も、国も、性別も、そこには正直関係ない。



私はこの出来事があってから、以前の自分の考え方はなくなってしまった。
だから、以前 書いていたものが、ときどき読むと、ばかばかしくなる。
ああ、私は本当に世の中のきれいなものしか、あまり見ていなかったのだと気づく。
こんなに裏の顔は汚い日本で世の中であり、成功者も弱者も。

被害者のみなさま、それを隠ぺいしようとするその加害者の勢力と、
ともに闘っていきましょう。
そして、彼らの執拗な行為と手順によって、失ったものはたくさんあるかと思います。
私もその中のひとりです。
傷の慰めあいではなく、解決方法をそして、彼らを反省させる方向へ、
物事を促し、完全なる撤廃を目指しましょう。
私は、本当にその被害にあって長い時を、ここ日本という国で過ごしています。

夢や願望は流れてその都度、変わっていくのだと思います。
たとえば、こんな理不尽な出来事によって。私もすっかり変わったのですから。

が、その彼らにいいようにされて利用されているあなたがたのつらさを思うと、
自分の経験を思い、本当につらくて悔しくて、そして殺してやりたいほどの憎しみ。
それも 私には理解ができます。が、もう少し耐えてください。
いや、耐えましょう。

私は今30代ですが、あと50年は生き延びて、その解決にまい進していきたいと思います。
どこまで できるかわはわからない。どのくらいの被害者を救えるかさえもわかりません。
加害者の名前がわかってて、公にだせないつらさも理解します。
そして 全く見ず知らずの人による、執拗な行為。
被害妄想と、本当の物理的精神的被害の違いくらい、わたしのような素人でさえも
わかりますから。
私は、それらの経験から、この日本という社会で、
家庭を作らないと決意しました。

被害者は子供までそうされてしまう確立は確かに高いです。
そして、加害者の子供は加害者になる可能性も。

それらの犯罪すべてを解決へ導くこともまた、
私が被害者となった意味ではないかとも思えます。


また、何か気付いたことがあれば、記述していきたいと思います。
彼らに囲まれて、普通の人の生活よりも大変かと思いますが、
その中でも、時間を大切に、有効に使っていくよう心がけましょう。

ここに、「集団ストーカーの撲滅を誓っての活動と行動」を、誓います。
命はかけないけれども。



本当に本当に心から。私の心から。

「集スト被害で苦しんでいる被害者の方々、
 負けないで踏ん張っていきましょう。踏ん張って。」
「私だけは、いつでもあなた方の味方です、何があっても。」


では。
[PR]

  by now_on_day_060827 | 2010-12-03 13:00 | nikkido

<< 集団ストーカーの被害者として 友人へ もう、、、 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE